スピリチュアルな夢の言葉から80年の人間を想像して何を知らせる?

中野裕弓氏という側の雑誌で少々スピのアドバイスがあって見た夢の発言を考えてみたりシンクロニティを直感(おなじことが生ずる共シーン性)する事を書かれてある。希望は感情からの発言でスピリチュアルな実態に繋がるとか。次いで前夜見た希望を(印象的なら)とことん意識するようにしています。前日あれ!というような爆笑希望で何だか80歳って自分で奴に答えて要る希望。昼前起きて本棚の雑誌をそれとなくまくるといった゛80歳のテーマ″の信書が!ジュリアキャメロンという人の雑誌で「もっとやりたかったことをやりなさい」に時刻旅という章があり80歳の自分から現在の自分に何を報じるか考えてみようと書かれていて何となく思ったのは50歳を過ぎて追い掛ける注目や希望を空想しました。間もなく思ったのはオーラソーマカラーセラピーを探求する部分、そうしてもちろんブライダルのお花に関する事を働くような意思がしました♪即刻というわけではないけど雑誌に書かれている80歳の自分が将来を振り返ったシーン何をしたかったか、将来でびいきだった事は?という聞かれたらおそらく…俺は自分が好きで選んだ事はオール好きで楽しかったと答えると思いました。次いで最近、こういうふたつがまだまだあまり経験していないのでやってみたいと希望からの発言が届いたのかもしれません♪簡単に解決できる方法です

心がどこまで非合理を受け止めきれるかなんだけど、元から決してやってない。

元からほとんど言われてないし、言われてることって単なる不服じゃんて思って、要するに不服という不条理を、言われたヒューマンは頭に貯めるわけですよね。他人事ですよねただし。言われないじゃんとしか出ませんし、それ以上の人なんなのって感じですよ。誰が言われてやるか。嫌でもあいまいですなと思って憤慨するわ。無茶苦茶みろとか言ってダブル立て直すんぞ。くそという巨人たちすらそんなの期待してそうだし、誰も黙って服従されたいわけでもないんじゃんね。ほぼそんなにしろくせえし、女じゃん元は、なのに男が逆転して男言い回し凄いせいでぜってかえとか語尾に濁しみたいでしゃあねえな。男同僚はそんな言い回しでしゃべれるから気楽なもんか。レディースからすればそんな言い回しくそ耐え難いよなって感触なんだよね。男言い回しずるいなと思って、女も男言い回しで喋ればいいの?うぜえ。うざいって何なの?そうなってしゃあねえな。何がうざいんてなるじゃん。すげえとか呼べるし、楽なの?ぼーっとして伸びるのそんなんしかないけど、先何なん。これ以上言われてない出来事やんなきゃなんねえん。心外ですなあ。レディースからすりゃ煩わしいなあ!って感じなんす。くそだりいなあ!?けーれとかおっしゃる。言ってみてえしなあ!?